下村満子の『生き方塾』
OfficialWebsite
 トップページ > 下村満子の生き方塾とは
 
  下村満子の生き方塾とは


  「生きるとは何か」「命とは何か」「何のために生きるのか」


「下村満子の生き方塾」なる私塾というか、寺子屋的塾を発足させようという無謀なことを思い立ったのは、昨年(2010年)の6月ごろでした。
それも、東京ではなく、私の両親の故郷であり、先祖伝来の地であり、私が10年間、男女共生センター館長を務めた、福島県に、です。

なぜ福島なのか、ということですが、常に中央、東京を向いている日本の地方から、逆に全国、そして世界に発信、という気構えです。
こんなことを話しても、「気持ちはわかるけど、マジ?」「偉いけど、でも、なぜ福島なの?」など、内心、その実現を本気で受け止めた人は少なかったような気がします。
正直、私自身も、どういう形になるかは、見えていませんでした。
ただ、「絶対、やる!」という気持ちだけは、なぜか揺るぎませんでした。
それが、一年もたたないうちに、開塾出来たことは、信じられない気持ちです。
 
しかも、その間に、想像もしなかった、千年に一度といわれるような、大地震、巨大津波、加えて福島は原発事故と放射線汚染という人災の三重苦に襲われました。これは、人類史上初めての経験です。
そんな中、「生き方塾」を開塾出来たことは、ほとんど奇跡です。
これは、塾生の方々からの「今こそ、この苦難の時こそ、生き方塾です」という、強く、熱い声、思いが原動力になったとしか思えません。
私たちは、いま、何か、大きな天の意志に動かされているような気がしてなりません。もともと、なぜ私がこのようなことを思い立ったかについて、少し説明します。
 
幼児期に満州で終戦を迎え、日本に引き揚げてきてから今日までの私の道は、まさに日本の敗戦から戦後の復興期、そして経済大国日本、更にはバブル崩壊から今に至る、激動の戦後日本史とそのまま重なります。
それに加え、男女平等を定めた新憲法下において、戦後の革命的な日本の女性史をそのまま生きてきたという実感もあり、我ながら随分ドラマティックな時代に生を受けたものだと感無量になるとともに、考えようによっては、大変幸運な時代を生きてきたという感謝の思いも抱いています。
ただ、最近、トシをとったせいか、敗戦の廃墟から立ち上がり、死に物狂いの努力の末に世界第二の経済大国にまでなり、成功のモデルと羨まれてきた日本ではありますが、一方で、経済的に豊かになるにつれ、日本人の心は、貧しくなってきたように思うのは、私だけでしょうか。
 
近年メディアで毎日のように報道される様々な犯罪、例えば親殺子殺し(それも考えられない残酷な)、家庭内暴力、教育現場でのいじめ、教師による女子生徒への性的暴力、生徒の教師への暴力、高齢者に対する詐欺や暴力、親の死後も年金を騙し取る子供、貧困者や弱者を騙すビジネス、これまでは社会の模範として尊敬されてきた職業、例えば警察官、大学教授、教師、医師、弁護士、新聞記者、自衛官、検察などなどによる諸々の犯罪。
 
学問のあるなしに関わらず日本人が本来持っていた、美徳、東洋的な和の心、人としての道、利他や優しさ、謙虚さ、倫理道徳の基本、人間としての誇り・尊厳・品格、足るを知る心、などが失われ、自己中心・利己的な、恥を知らない、権利ばかりを主張し義務も責任も果たさない、反省もせず、感謝の気持ちもなく、「政治家が悪い」「官僚が悪い」「社会が悪い」「学校が悪い」「先生が悪い」「親が悪い」「メディアが悪い」「医者が悪い」「経営者が悪い」「警察が悪い」と、すべて他人のせいにし、一億総評論家となり批判ばかりするけれど、自己反省は全くない、といったギスギスした日本社会になってしまいました。
日本がこのようになってしまったのは、私も含めた日本人全員の責任だと、私は思っています。
 
いまや、日本経済は長い停滞期にあり、日本の国の信用は地に落ち、学力は低下し、若者たちは未来に対する夢と希望が持てず、失業や就職難の不安におびえ、全く元気がなく、思考停止し、小さな世界に閉じこもり、内向き、保守的になっています。
日本社会全体が、革新性、エネルギー、ダイナミズムを失い、鬱状態と言っても言い過ぎではありません。
どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。
 
戦後、私達は、日本の歴史上かつてなかったような物質的豊かさを手にしましたが、その結果、拝金主義、物質中心主義が蔓延し、大自然と心の大切さを、忘れてしまったのです。しかも、その物質的豊かささえも、いま失いつつあり、残ったのは「日本人の心の劣化現象」ということになりそうなのです。
 
でも、日本人は本来、その遺伝子の中に、素晴らしい利他の「心」と豊かな「感性」を持っており、また自然を愛し、自然と一体になることが最も得意な民族だと私は思っています。また、謙虚で質素で、人の道を大切にしてきた歴史を持っています。
 
いま、世界における日本の国の地位の低下、政治の危機、経済の危機、教育レベル低下、メディアの衰退などが言われていますが、もはや絆創膏を貼って一時的に傷口を押さえるだけでは間に合いません。
日本の国力、経済力、政治・外交力、教育力の根本的な再生のためには、短期決戦の魔法の杖はなく、時間をかけた「日本人の人間力の回復・再生」、言い換えれば「日本人の心の再生」に取り組むしかありません。
それにはまず、私達、一人一人が変わることから始めるしかありません。
 
私もジャーナリストとして、書いたり、話したり、テレビで発信したりして、こうしたことを訴えてきましたが、そしてそれはこれからも続けるつもりですが、人生の最後のコーナーにさしかかったいま、ただ単に書いたり話したりするだけでは間に合わない、例え小さな種を一粒植えるというささやかなことであっても、何か実践に取り組みたいという気持ちになった次第です。
 
こんなことをして何の役に立つのかと笑われそうですし、組織もスポンサーも何もない、たった一人の孤独な戦いで、私自身には何の利得もない、むしろ時間とエネルギーと体力と気力と、なけなしの財布をはたいての、無謀なトライで、まさに我ながらドンキホーテだな、と分かってはいますが、でも、なぜか、やむにやまれぬ気持ちが内側から沸き起こってくるのを、抑えることができません。
 
私は、この塾に参加してくださる塾生と共に、ゼロから、真剣に、「生きるとは何か」「命とは何か」「何のために生きるのか」「いかに生きるべきなのか」「何を基軸に生きるべきなのか」「本当の幸せとは何か」「より良い社会をつくるには、どうすればいいのか」といったことを話し合いながら、自分と向き合い、自分を発見し、揺るがない自分を作り上げ、充実した人生を送るヒントを手にして、それを実践する場を作っていきたいと思っています。
一人一人が、この塾で学び合ったことを、小さな一歩から地道に、愚直に実践し、利他の心、愛の心をベースに生き方の姿勢を変えていけば、必ず日本は変わります。また、塾生がお互いに、素晴らしい人生の「仲間」になっていただければ、さらにその輪を広げていくことが出来るでしょう。
入塾した皆さんと一緒に、塾を作り、育てていくつもりです。
どうぞ皆さん、是非仲間として参加してください!


ページトップへ

   
お問い合わせはこちら

サイトご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ
★Copyright (C) Mitsuko Shimomura's IKIKATA-JYUKU School. All Rights Reserved.