勉強会速報

「下村満子塾長と語る会」の第2弾は2023年1月14日、コロナ第8波の中でしたが、ネットワーク会員17人が参加し、東京・板橋の「前野原温泉さやの湯処」で、行われました。新年会を兼ね午前11時から午後8時半までの長い1日でしたが、2回の食事、天然温泉といった「お楽しみ」もあり、大いに盛り上がりました。

下村塾長が「昨年2022年はロシアのウクライナ侵攻、安倍元首相暗殺、稲盛和夫・盛和塾長の逝去など、いろんなことがあった年でした。しかし、年の初めにソウルメイトの皆さんと会うことで、今年がかつてないほどの困難な年になろうとも、生き抜く覚悟が湧いてきました」などと開会あいさつした後、参加者一人ひとりが近況報告を兼ねて自己紹介しました。

ボリューム満点の昼食に引き続いて、北川直樹さんがDVDによる稲盛フィロソフィーの勉強会を担当しました。上映したDVDは「フィロソフィーを信念までに高める」。稲盛さんが強調しているのは①人生も経営も、作り手は自分である②心に描いたものは、その人の人生を決める―というものです。コーヒーブレーク終了後、下村塾長が講話をし、出席者は今年の抱負や塾長講話に対する感想などを披露しました。

会場の「さやの湯処」は源泉掛け流しの日帰り温泉施設です。しっかり語り合い、勉強したとは自慢の温泉の入浴タイムとなり、心身ともに疲れを洗い流しました。入浴タイムの後は、前菜からデザートまでの豪華な和食のコース料理を楽しむ懇親会に移り、またこうしたスタイルでの「塾長と語る会」をまたやろう、と締めくくり、散会しました。

勉強会レポート

  • 1
  • 2
  • 3 (このページ)

bnr_experience.jpg

bnr_experience_sp.jpg